QR code
QRCODE
Reader registration
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
Contact
< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年01月02日

FALCON 5in ⑤-VZGrips Alien DirtyOlive G10-

明けましておめでとうございます。
親類関係の挨拶まわり済ましてホット一息です。


今回はグリップを新調して新たな気持ちで新年を迎えたいというGUNマニアにとって至極当然の話です。
。(どこかで聞いたようなフレーズです。真似してみました('ω'))

ってページのトップ画像はMini Commanderがメインになってしまってますが、
思い出して引っ張り出してきたらこっちに夢中になってしまいました。イカン²(^^;ゞ

念願のVZです。
私にとっては大分奮発しました。


既にご存知の方はごめんなさい、そもそもなぜナイフなのかと言うとVZの材質であるG10は
タクティカルナイフ全盛の頃、ナイフのグリップ材として使われ始めました。(懐かしい。)
もともと繊維性のグリップ材としては(実用本位の物に限って。)マイカルタ、ザイテル、ベークライト等色々ありますが、
G10はガラス繊維にエポキシ樹脂を染込ませた積層材(一般的には電子基板などの絶縁材として使用)なので
高強度でさらにチェッカーなどを施すと手に食い込むほどエッジが立ちます。
銃器のグリップとしては記憶が正しければSTRIDER KNIVES(これまた懐かしい。)が1911のグリップを製作したのが初めてだったような。

ショップでパターンやカラーをさんざん悩んでカラーは“Dirty Olive”にしてみました。
積層材の削り出した場所によって変わるので左右で色が違います。(表も微妙に違う。)


やっぱりパターンは2016バージョンのFalcon 5inのメーカーサンプル画像からのオマージュで
Alienがいちばんしっくりくるような。


遅まきながら1911のトレンドにやっと乗れた気分です。(゚∀゚)
実物は良いですな。
ニギニギしまくりなのでもうブルーイングした所があちこち剥げてマス。。


以上、今回は製作記というより購入によるストレス発散でした。
早くレタリングしなければ。





この記事へのコメント
あけましてめでとうございます。 モデルガンのはなしの者です^^ 今年もよろしくお願いします。 昔、まだネットが無かった時、ナイフのハンドル材でグリップが作れないかと考えましたが材料が小さすぎて無理でした。 スネークウッド、アイアンウッドとかありましたねえ。懐かしい。 
Posted by ガンスミスガンスミス at 2017年01月05日 18:11
>ガンスミス様

>あけましてめでとうございます。 モデルガンのはなしの者です^^ 今年もよろしくお願いします。

こちらこそ 今年も宜しくお願い致します。

>昔、まだネットが無かった時、ナイフのハンドル材でグリップが作れないかと考えましたが材料が小さすぎて無理でした。

ハンドル材ですかぁ。 幅が足りない感じですかね。

>スネークウッド、アイアンウッドとかありましたねえ。懐かしい。

これまた硬そうな銘木ですね。(>_<)
実銃グリップでもこの手の銘木は見たことないです。

ところでガンスミスさんはいつからグリップ専門に製作なされているのでしょうか。
不躾な質問ですみません。
Posted by yotakayotaka at 2017年01月05日 22:51
返事が遅れてすみません^^  自分は単に趣味でグリップを作っているだけです。 ネットをやっていると自然とマニア同士の繋がりが出来て「グリップを作って欲しい」という要望があって作り始めました。 3~4年前ですかねえ? 細々とやってます。 グリップくらいしか作れないのでやってます。 なので本体カスタムをやっている方は凄いなあと思いますよ。 なのでyotakaさんも「根気のある人だ!」と感心しています。自分はほんと面倒くさがりの怠け者なんです^^
Posted by ガンスミス at 2017年01月23日 09:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。