QR code
QRCODE
Reader registration
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
Contact
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年05月31日

思いつくまま気の向くままに


                    ※実銃画像から。なんともいい色艶。オリジナルパッケージもまたいい味出してますね。

ここのところ公私共に多忙で思うように作業が進んでいません。(´-`).。oO
ちょっと気力も減退しており今回は特に作例ではなく思いつくまま気の向くままに散文したいと思います。


自宅某室にて。
老後も考え車椅子対応にて広めに間取りを取ったのは良いですが、もう一室ありほとんど私の物置と化してマス。
ま、どうでも良いですね。
こんなカンジで家族に疎んじまれ追いやられて行き場に困った銃器達が並んでたりしてます。


初回作Night Hawkと綺麗なメッキですが、ヒケ&パーティングラインのあり弄るのを躊躇しているスチールフィニッシュのHP。
HPはベースガンとしてもう一つくらいABSモデルを確保したいところですね。
HPは何丁あってもいいです。


前作FARCONと素のままで放置しているMARUI G17。
G17は9年前、サバイバルゲームのサイドアームにて購入し一度も投入することなく眠ってました。
確かフレームだけガーダーに換装していたかな。
可もなく不可もなく、弄る気もあまり起きず放置プレイです。
作動性はすこぶる良いのでSUREFIREをマウントしホームディフェンシブガンといったところでしょうか。



上記のG17とカブってますがMARUI PYTHON 4in。 
娘のプリンキング用かな。 某氏の作例のようにいつかはDIAMOND BACK化したいですね。
この子はこの趣味に出戻るきっかけの一丁でした。
バレルがすっぽ抜けて捨て値で売りに出されてたこの子を拾ってきたのがきっかけです。
中坊の頃、穴の開く程カタログを眺めて遂にお年玉を握りしめて6inを購入した覚えがあり、
とてもワクワクした思い出があります。


CZ達。 手前からMGC 1st、 KSC 2nd HW、 KSC 2nd ABS  (KSCはどちらもSystem7)
HPが一番好きですが、CZも好きです。 特にMGC 1stが思い入れが強いですね。
GUN Proの記事にある、実銃2ndベースで1st化をKSCで再現なんてのも考えてます。
はじめはKSCベースであえてのMGC 1st化をと思っていたらCZUSAカスタム部門に先を越されてしまいました。
MGCはご存知の通り、2ndベースで1st化しているので形状は忠実とは言い難いのですが一番雰囲気出てるかと。
KSC 2nd ABS は先日のV Showにて初めてお会いした方からベースガンにと惜しげもなくポンと頂いた一品です。
その節たどうもありがとうございました。(__)



実は次回作を構想中なんです。
未だ今作も出来ていませんが・・・。


タンフォリオの作例はすでに某氏により行われており、


ヨーロッパ系CZクローン残るはスフィンクス。



当初、ワンメイク的に小改造にて出来るかと思ってましたが、
スライドトップはフラットでチャンバーカバーもGlockのように四角いです。
何よりシリンダー上面のクリアランスがさらにきついような・・・。


うーん。只今構想中。<`~´>






  

Posted by yotaka at 03:01Comments(0)Other

2017年05月27日

92G Brigadier Tactical ⑤

前回からのつづき、マガジンキャッチから。


3mm厚のアルミ棒から 7×9mmにて切り出した小片に気長にチェッカーを彫っていきますー。



裏面は3mm幅に中央部を残し両側を1mm削り凸形状に。



そして本体マガジンキャッチボタン側を同じく3mm幅で凹に削りマス。



最後にマガジンキャッチボタン中央に通り、チェッカーを彫った小片中央裏側に止まりで2mmタップを切り
角をラウンド形状に丸めて・・・




裏からM2のイモネジで止めればアラふしぎ!




エクステンドタイプのマガジンキャッチの出来上がりっ。



実銃画像



他のパーツ達、テイクダウン ・ スライドストップレバー ・ トリガーバー を実銃画像を参考に
面構成や厚み、ヘアライン等々微妙ょーな違いを削りを入れて再現してみました。






リアサイトの座繰り?も再現。
ハンドリューターにて円盤状のダイヤモンド鑢のポイントを使って座繰ってみました。
ポイントの先、平面部を垂直に押し付けて削ってます。



最後はマガジンキャッチ右側面の気になるグリップパネルとの隙間ですが、



マガジンキャッチの平面部を厚さ1mm程度削り下げ、



そこへ1mm厚のジンク小片をジャンクから探し貼り合わせて延長します。
強固に留める為、ネジ留め考えましたが接着面積も稼げるようですし面倒なので
会社で使っているエポキシ系接着材(EPOTEK302)にて接着してます。
60°3h硬化若しくは、常温8h硬化でよくある2液性エポキシ接着材ですが粘性が低くサラサラ。
浸透性が良いです。エポキシ件系接着剤最高強度と言われてます。



角を面取り&ラウンドラウンド形状に丸めて、
あとはひたすら平面を面一になるまでゴリゴリ平面出ししながら削り・・・
境界部をバニッシュし合わせ目を埋めて、


finish! ・ ・ ・ ( ゚Д゚) ・ ・ ・?! 
上手くいくはずがぁ。。   スがいってマス。。。 


次回につづく。。






  

Posted by yotaka at 23:07Comments(0)

2017年05月07日

92G Brigadier Tactical ④


GWも今日まで、アッと言う間ですね。
ちょっと憂鬱(..)

今回は素体がキレイなブラスト仕上げでしたが
あちこち弄ってるので統一感だすため真面目に面出しして、刻印埋めーの
サフ吹いてみました。
というのも刻印作業時、真っ黒だと何処がどこやら、
たびたび迷子になります。(^^;)


サフ前に各部に手をいれてますのでそのへんから。

シャーシ移植に伴い、フレーム間に左右それぞれ
1mmほど隙間が空いてます。


現物合わせでABS板をフレーム裏に貼り付けフィッティング。
ハウジングも同様。


テイクダウンレバーの穴も位置ずれてます。


面倒なので下記のように、適当なドリル刃にシーリングテープを巻き、
瞬着流し込んで型取りして埋めてます。


あとは表面をならす。


トリガー基部の開口が後ろに長くなんだかみっともないので埋めました。


実銃画像を参考にしましたが、トリガートラベルからシアーが落ちるかフレームにトリガーが当たるか、かなりギリギリです。ふぅ。(^^;)


エロイと噂のトリガーガード〜アンダーヘア(^^;;じゃなかった、
レールのくびれライン。
ABS板&プラリペア裏打ちの断面を瞬着を盛りサンディングし消し込んでマス。


わかりづらいですが、裏はこんなです。
くびれの裏打ちの為、シャーシの前側とレールのインサートの後側をカットし、
そしてABS板を敷いてプラリペアにて裏打ち。


フレーム左側面グリップ付近の成形時のピン跡も瞬着で埋めました。


今回のメインディッシュ?!
アルミブロックからの〜
W.C (→wilson combat トイレぢゃないです。)Battle Sight。


手加工削り出しですよ。


まだ煮詰める必要ありですが、あらかた概形は掴めたかな。


マズルまわりはインナーバレルをシャーリーマーでギリギリまでテーパーを付けて
ブルーイング。
アウターはクラウン加工後、アルミブラックにてブルーイングしてますが
なぜかいつも一晩経つとオイルまでひいてるのに酸化が進行し白くなってシマイマス。(´-`).。oO
これはこれで、逆に硝煙で煤けたカンジっぽいのであえてそのまま。


マルイM9A1との相性なのかNOVAグリップは右側だけずれてて
グリップの取り付け角度を変えてアウトラインを合わせたこともあり、
マグキャッチ右則面とグリップ間の隙間が目立ちます。
ジンクなので継いでしまおうかと考えましたが、
いかんせん薄いのでどう隙間を埋めるか思案中。
この辺から次回につづく。


これまでは下地がでるのがヤで敬遠してましたが、
思いのほかサーフェイサーの隠蔽能力に関心させられました。
フロントセレイションなどはABS板を嵌め込み埋めており、
いつもなら塗装後目地がクッキリ浮き出てきますがそれが無い。
本塗装が楽しみです。(^^




  

Posted by yotaka at 23:41Comments(2)

2017年04月18日

92G Brigadier Tactical ③


今晩は。 大分暖かくなりましたね。
季節がら何かと所用が多く、作業の進捗は一気にとはいかないですが、まずまずです。

セイフティは上記画像でもお解りだと思いますが、ザックリと切り飛ばしてロープロファイルタイプにしてみました。

右側のパーツを締め込んだ状態で切り飛ばし、
ネジ穴を一回り大きくざぐってから同じ亜鉛合金で蓋をして接着後成形。


細工もむなしく蓋の亜鉛合金にスがあり、結局舜着で埋める羽目にw
こちらの右側の形状は実銃と違い完全再現とはいきませんが、それらしくはなったかと。
それからモールド表現となっているピンも頭だけを埋め込み再現してマス。
何を止めているのか?・・・誰か教えて。


トリガーガードもガッツリ削り込み、フロントレールとの付け根もABS板&プラリペアにて裏打ちして
ガリガリ削りを入れてマス。
トリガーはパーティングラインを消して先端部をwilson custom同様ポッテリした形状に。


フロント&バックストラップはwilson customはチェッカー形状なので目立て直して形状修正。


このNOVAグリップは右側面上側のグリップのネジ穴がズレていたのでフレームラインに合うよう雌ネジを移動し修正。
と、グリップのラインに合わせフレームのRをギリギリまで面取りしスムーズなラインに修正。


バレルはノーマル形状のアルミアウターからショートタイプに。
マズルクラウン?を段付きに加工。
恐らくlaylax製?!ライフリングがぁガッツリ六角形してて、円形に近ずけるのが大変でした。


エジェクションポートまわり。
お約束のエジェクターを別体風に彫り込み、
今回アウターバレルも切り欠いてみました。


閉鎖状態ではスライドにすっぽり隠れて見えなくなります。なんちゃってです。


と、こんなカンジです。
まだまだ先日入手したメダリオンまでは遠く
地味な面出しと、これから自作パーツたちが待ってマス。





  

Posted by yotaka at 02:05Comments(2)

2017年03月28日

92G Brigadier Tactical ②


こんばんわ。 私はどうもコツコツと更新ができない性分みたいですね。


早速ですが、入手しましたっ。 WilsonCombat 純正メダリオンです。



オクで4.8Kでした。 適価なのかは置いといて、ちゃちいコピー?!メダリオンが気掛かりでしたので
これでモヤモヤがスッキリ解消です!(^^)! 早くつけたい。



肝心のGunのほうは休日まで仕事で忙しいながらも何とかぼちぼち進捗はしてマス。
詳しくはひと段落してから後ほど。



実銃画像



  

Posted by yotaka at 02:46Comments(0)

2017年03月12日

92G Brigadier Tactical ①


ようやく始動デス。

パッと見てわかる方にはわかるかも。
パーツ注文中で輪ゴムでグリップ止めてマス。(^^ゞ みっともなや。


悩んだ挙句に出た結論がコレです。
普通はやらないかも。
旧型92FのシャーシーをM9A1のフレームに移植しまスタ。


機構の移植は今回初めてトライしてみましたが、意外と簡単でした。
何となくボルトアクションライフルのベッティングに近い地道な作業でした。
2度目は無いと思いますが、削る場所が解ってしまえばどうということはないのですがねぇ。


新旧でフレームラインが違い、ハンマーが干渉しスライドできなかったので
ハンマートップとビーバーテイルのハンマーが収まるところをゴリゴリし解消。


作動はいたって快調! もともとこれを思いついたのはシャーシーが一体で完結しているから。
バレルもぶった切りマシタ。スッキリしました。


やっとスタートラインについた状態?!デス。

M9A1にBioのブーガリディアタイプのスライド乗せれば済むんですが、なぜって思うかも。

ベースガンが格安の旧型でメタルのサイトにスケルトンハンマーでしたし、なぜかバレルもメタルでした。
はじめはM9A1のフレームのレールだけを継いでやれば形になるかななんて考えてましたが、
フレームを入手し実際に手に取るとグリップ回りのハイグリップやグルーブも捨てがたく
結局フレームごと使う為移植することに。 コック&ロックトの92です。・・・気にしない気にしない。





  

Posted by yotaka at 00:50Comments(0)

2017年02月21日

FALCON 5in ⑦ finish!


前回より、大分ご無沙汰しておりました。ようやく完成?!デス。

モデルの実銃画像。
こんな画像撮れたらいいな。



フレイムの気になる部分の形状修正から。

befor: ハンマー付近のRがもっとキツイいので形状修正。( 鉛筆でアウトライン記入)



after: ハンマーの回転部が見えるくらいに。


befor: ダストカバーをもちっと薄く。(SFAタイプ → オリジナルColtに近い。)


after: 削りのアレンジメントでは内側とのアウトラインのつじつまが合わずこのくらいが限界。


あとはトリガーガード付近のスムージング加工面やらハイグリップ加工面の粗修正。
実はアウトラインが左右対称でなかったり、面構成が前の形状をひきずっていてヒケっぽくなってマシタ。
シルバー塗装は目立っつ(>_<)。


アドレス部も一応、面をもーいちどならし、再塗装。
今回はインディのブライトステンレスを使ってますが、Gスミスの渋銀ほ方がぁ良かった。ちょっと後悔( ゚Д゚)
ステンレスのブラスト仕上げはやっぱり渋銀ですよね。


スライドも可能な限り刻印をホリホリ修正し再塗装。
コッキングセレイションも実銃画像を見るともっと深かったのでエッジを立て直してます。


反対側。
修正しましたが、溝の深さがどーにも不均一でこころ残りな部分デス。(-_-)


サイトのマーキング。
N夜光の粉末をクレオスのクリアで溶いて流し込んでマス。トリチウム風。
あと、ファイアリングプレートは焼き付け塗装を落としブルーイングし、
ファイアリングピンのブルーを落とし磨き込んでみました。




今回最後のピースとなっていた、ヘキサスクリュータイプのマガジンキャッチスクリューは
メーカ欠品で棚上げになってしまいマシタ。(T_T)
ステンレスは在庫あるみたいなんですが、スチールのブラックタイプが無い。

妥協して塗装で剥げるのやなので。 ・・・作るしかないかな。そのうち。






  

Posted by yotaka at 01:54Comments(2)

2017年01月26日

MARUI 92F/Tactical Master-Wilson type grips Brown G10(NOVA)-




今回は作例というより、前回の1911ですっかり味を占めてしまった
G10グリップの92FタイプのHow to編です。(互換や取り付けに関して以外と記事が無かった為。)


NOVA マルイM92/M9A1用Wilson Combatタイプ G10グリップ。(参考価格7K程)
実物との違いはグリップパネル裏のリブ?があること。
日本国内では実物はアメリカ本国価格75$の倍以上。
というか、レプとオリジナルほぼ同じ値段。( ゚Д゚) ま、材質同じですしね。 良くできてマス。



商品名を鵜呑みにしてポン付けで行けるかと思いきや・・・入りまセン。
前述のグリップ裏のリブと下記の実線部までの範囲(1.5mm幅程度)、
それから点線で囲われたピンが干渉している模様。



早速、金ヤスリでゴリゴリ。一応ハンドリューターのダイヤビットで面を整えてマス。
見えなくなる箇所なので、そこまで要りませんが。



反対側は点線の範囲にベロ状の出っ張りがあり、
これをデザインナイフで削ぎ落として除去。



これもハンドリューターで仕上げ。



これで装着できました。
気になるのはトリガーバー後端にあるボス。
始めグリップに干渉しトリガーの戻りが悪かったのですが、
ガチャガチャやってるうちに高さが半分くらいに削れてスムースに動くように。G10恐るべし。



あ、今回のベースはオクでマガジンガス漏れ品3.1Kにて入手。安い!
マグは分解清掃にてたっぷり注油し組み立て治りマシタ。簡単!
オクでガス漏れ品は値段が安く、大抵は上記の作業で治りますよね。

現品画像でなんでバレルが長いのかフシギでしたが、到着してみて納得。
アルミアウターがついてマシタ。予想外で得した気分です。
もちろん、short barelにする為ぶった切りますが(^_^)
  

Posted by yotaka at 02:22Comments(0)Other

2017年01月20日

Ernest Langdon

前回の記事のおわりにちょこっとコメントしたとおり、
Beretta 92Gが今、一番気になってマス。

と、言いますのもこの氏の影響によるところが大きいです。


今までAnti-Beretta派でした。
基本構造はP38とほぼ同で、大仰なまでにデカいエジェクションポート、
露出型のトリガーバー、ニョッきっと出たマズル・・・挙げるとキリがないほどキライでした。




だがしかし、ある日YouTubeで何の気なしに動画を見ていて
92A1?でIPSCのコースをサクサク クリアしていく氏が写ってました。(Beretta USAのCM)
シュートの動作もそつなく、ダブルアクションオートを実に巧みに使いこなしている。
しかも92で。

気になって調べてみるとインスティチュートを開講していてかなりの経歴の持ち主だとか。
講義動画も基本に忠実でシンプル、ユーモアを交えながらで解りやすかった。
体躯も引き締まっていて、でっぷりとお腹の出たチョイ悪オヤジとはまるで違う印象。



確かに昔、実射した記憶ではデザインこそキライでしたが、
セーフの状態からのダブルアクション1stショットはトリガートラベルが長いのでイラっとしますが
バレルの露出面積が大きいのでサイティング時に軸線が掴み易くコントローラブルでした。

毛嫌いしていたあの子があるきっかけで急に気になるようなカンジ。・・・

というわけでオクでベースガンを漁りながら現在画策中です。  

Posted by yotaka at 02:18Comments(0)Other

2017年01月12日

FALCON 5in ⑥

                         

                         やっと刻印デス。

                         まず、こんな感じで画像から起こしたものと、画像そのものを普通紙ラベルにプリント。
                         

                         プリントしたラベルを対象物に貼り付けて、これらの道具を駆使して彫り彫りシマス。
                         私は今回、吸込(建築用のでっかい針のようなもの)で四隅をツンツンしてプロットしたあと、
                         点をつなぐように金尺若しくは字消し(建築製図用)をテンプレートがわりに一気に罫書いてマス。
                         

                         あとはラベルを剥がし、罫書いて転写した筋目の途切れたところをもう一回なぞり修正してます。
                         ラベルの厚みが0.11(のり面含む)あり、上から垂直に罫書いたつもりでも若干ずれが生じます。
                         


                         今回、太字の箇所はDAISOのなんちゃってリューターにペンシル型のダイヤモンドポイントで彫り彫り。
                         テンプレートも一緒に削れますw。なので金尺はDAISOのを使ってマス。
                         
                         

                         まだ粗削りなのでもうちょっと手直しして再度塗装予定。
                         次回は完成かな。
                         なかなか息が長いです。

                         実はもう次作に心移りしてたりします。
                         Langdonの92Gがかなり気になってマス。(>_<)
  

Posted by yotaka at 02:01Comments(0)